api

Matrixクラス

2次元配列を扱うクラスです.縦横の要素数の限度はなく,任意の座標に要素(任意の値,オブジェクト)を格納できます.

m=new Matrix;
m.set(3,5,"test");
print(m.get(3,5)); // test
m.set(4,6,{name:"tonyu"});
print(m.get(4,6).name);// tonyu

コンストラクタ

new Matrix

空のMatrixを作成します.

new Matrix(data)

指定されたデータをもつMatrixを作成します.dataにはオブジェクトを指定します.キーには横座標,縦座標をあらわす数値をカンマで区切った文字列を与えます(例:"12,34").

プロパティ

メソッド

イベント

for ... in

次のようにすると,データが格納されている領域を囲う四角形の領域を繰り返します.

// mはMatrixクラスのオブジェクト
for (x,y,d in m) {
    // xmin<=x<=xmax,  ymin<=y<=ymax をみたすすべての座標について繰り返す
    // x,y に座標, dにデータ(格納されていない場所ではundefined)
}

データのない点を繰り返したくない場合は,次のようにkeysIteratorを使います.

// mはMatrixクラスのオブジェクト
for (x,y,d in m.keysIterator()) {
    // x,y に座標, dにデータ
}