api

ActorSprite

BaseActorから,描画機能だけを抜き出したものです.

これ自身で動作や当たり判定をすることはできません.主に他のActorの drawメソッド内で複数のスプライトを表示したい場合などに用います.

メソッド

\draw(ctx) {
    // このActor本来の図形を描く(中心のスプライト)
    super.draw(ctx);
    var a;
    // 周りに別のスプライトを2つ表示(本体の周りを回る)
    a=new ActorSprite{x: x+cos(r)*50, y: y+sin(r)*50,p};
    a.draw(ctx);
    a=new ActorSprite{x: x-cos(r)*50, y: y-sin(r)*50,p};
    a.draw(ctx);
}

x=100;y=100;r=0;
while(true) {
    x++;
    r+=10;
    update();
}