用途別リファレンス

※この方法よりオブジェクトをドラッグする のほうが仕組みは簡単です.
次のような場合にはここで示したものを使ってください.

オブジェクトをドラッグする2

x=100;y=200;
touching=false;//タッチ&ドラッグ中はtrueになる
on("touch",drag);

\drag(touchEvent) {
    //タッチされた指オブジェクトをfに取得
    var f=touchEvent.finger;
    touching=true;
    f.on("move") \(moveEvent) {
        //指が動いたときに実行する処理
        //指の移動量に応じて移動
        x+=moveEvent.vx;
        y+=moveEvent.vy;
    };
    f.on("end") \(endEvent) {
        //指が離れたときに実行する処理
        touching=false;
    };
}

参考

.